家の中のあふれたモノに場所も時間も手間も奪われている

家の中には、たくさんのモノがあふれています。

 

 

1番多いモノは、存在を忘れてしまっているモノです。

押入れや段ボール箱から出てきた「こんなモノあったけ?」っていうモノたち。

 

そんなたくさんの忘れたモノに収納場所をとられているのです。

 

 

次に多いのが「捨てたいけど、もったいない、高かったのに、まだ使えるかもと思って捨てられない」執着のモノです。

思い出の品だったり、もらいものだったり。

だからといって、大事にしているわけではなかったりします。

ダンボールに何年も入れてあったり、飾ってあってもホコリまみれで手入れもされてないものです。

 

 

家の中にあふれたモノや、モノがあふれている空間を見て、

  • ため息が出る。
  • 自分は駄目なんだと攻めてしまう。
  • 家事のやる気が起きない。
  • イライラしてしまう。

家の中がマイナスのエネルギーであふれた状態です。

 

 

そして、押入れや段ボール箱の中に必要なモノがあれば、それを探す手間や時間もとられてしまいます。

 

探しても見つからなかったら、新しいモノがまた増える。

 

今の自分にとって、必要ない素敵に感じられないモノに場所も手間も時間もとられているのです

 

使う人とモノが心地よい関係を築けるよう、毎日をごきげんに暮らすためには、家の中のモノと向き合う必要があると思います。

モノは日々増え続け、時間とともにモノへの価値観もかわってくるからです。

 

今、必要なものも時間とともに執着のモノになったり忘れたモノになったり…

忘れてたモノが、思い出すことで再び執着のモノになったり…

 

モノが増える悪循環。

恐ろしいですね…

 

あなたの家の中にはどんなモノがあふれていますか?

お片づけサービスはこちらから

オンラインお片づけアドバイス

オンラインお片づけサポート

自宅訪問お片づけサポート

お片づけしたいけど
どこから手をつけて良いかわからない
片づけるきっかけが欲しい
自分1人で片づけるのは難しい方は
気軽にこちらからメッセージお待ちしております。
   ↓ ↓ 

友だち追加