時間がない、家事に追われる原因は空間のせい

時間がない。

家事に追われる。

イライラする。

お金がない。

 

まわりのママの声でよく聞く言葉で、私もほんの少し前まで思っていました。

 

 

一見、空間と関係ないと思うかもしれないですが、とっても繋がっているのです。

 

 

生きていく上で、みんなモノを持っています。

そのモノを家に置いておくためには空間がいります。

モノには維持管理するための時間、労力、お金がかかります。

 

 

空間にモノがたくさんあると、

使いたいものがすぐに取り出せない、

そして、戻せない。

収納棚からあふれ

棚の上、床や机にもものが置かれて

何をやるのもそこを片付けてから

片付けながら…

 

ご飯を作ることが目的なのに、

作る前にシンクにたまった食器を洗わなきゃ、

洗ったものを置こうと思ったら、

水切りカゴが食器でいっぱい、

拭いたお皿を食器いっぱいの棚になんとか入れて、

さて、ご飯のづくりスタート、

作りながらテーブルの上のものを片付けて、

食器いっぱいの食器棚から食器を取り出し盛り付ける。

やっと、ご飯をテーブルに並べることができる。

 

 

たくさんのものを収納するために収納グッズを買う。

そんな収納グッズに詰め込んで、必要なモノがいざというときに見つからない。

そして、また買いに行く。

 

 

モノに空間も時間も労力もお金も奪われていますよね。

時間や家事に追われる仕組みです。

 

 

奪われないためには、モノを空間から減らすことです。

今の自分にとって大切で必要なモノを選びとることです。

 

 

モノが減ると、空間に余白がうまれます。

 

 

私もモノを必要なモノだけにしていくと、

不要な収納グッズがたくさん出てきました!不必要なものをしまうために、収納グッズを買っていたんだとショックをうけました!

ですが、その経験のおかげで、モノが減ると収納グッズが必要ではないことがわかりました。

 

 

必要なモノだけの空間はモノが取り出しやすく、片付けやすくなり、家事の効率もあがるのです。

 

効率があがれば、時間にも余白がうまれます。

 

 

そんな時間に、珈琲をゆっくり飲んだり、好きな音楽を聴いたり、からだをやすめたりすれば、心にも余裕がうまれます。

 

 

時間ができると、ついご飯の準備、掃除、洗濯って…

忙しくしてしまいがちだけど、

 

それは、まだ空間にも時間にも心にも余白がない頑張りすぎてる状態です。

 

 

ママは頑張り過ぎているんです。

 

 

頑張り過ぎてる自分に気づいたら、

からだを休めてから、

気になっている場所の引き出し1つから片付けてみましょう。

 

空間の余白がもたらす効果を実感してみてくださいね。

 

のんびりと心豊かなごきげんな暮らしを!

 

お片づけサービスはこちらから

オンラインお片づけアドバイス

オンラインお片づけサポート

自宅訪問お片づけサポート

お片づけしたいけど
どこから手をつけて良いかわからない
片づけるきっかけが欲しい
自分1人で片づけるのは難しい方は
気軽にこちらからメッセージお待ちしております。
   ↓ ↓ 

友だち追加