私がお片づけが好きだと思っていた本当の理由

お片づけができない本当の理由とは?

blogを見てくれている方の中には、片付けが苦手だったり、なかなか行動できないなどの悩みをもっていると方もいると思います。

でもその理由について考えたことはありますか?

例えば、

  • 時間がない
  • 収納がない…

って言われることが多いんですが、

それは表面上の理由なんです

 

いま、お片づけブームでネットや本を見れば、たくさんの片付け術や収納術が溢れています。

 

お片づけができない、やりたいと思った方は1度は見たことがあるのではないでしょうか?

 

でも、それらを見ても、行動できない、やる気が出ない人もたくさんいます。

 

行動できない、やる気が出ないのには

思考のクセに原因があります。

 

小さい頃、親にもったいないから捨てちゃダメと言われた人は、捨てる行為は親から怒られることを意味します。

だから、頑張って片付けをしているのに、なんだか悪いことをしている気になったり、嫌な気分になったりするんですね。

ネットや本などを見て、頭で片付け方を理解しても、心の奥底ではダメな気がして動けないんです。

 

あなたのできない、やる気が出ないそんな行動のクセの奥に、本当の思考のクセが隠れています。

 

でも、その原因は人それぞれ違います。

 

私はお片づけができない人と違って小さい頃からお片づけができるほうでした。

それにも小さい頃の親の言葉がけが大きく関係していました。

私の両親は共働きで、

父は単身赴任で週末しか帰ってきませんでした。

母は看護師で朝から夜までお仕事。

私は長女で年子の弟がいます。

 

小さい頃から

「お姉ちゃんなんだから、しっかりしなさい、我慢しなさい」

「なんでそんなこともできないの?」

あまり褒められた記憶がなく、

どちらかというと自分の意見や行動や性格も否定されたり怒られてばかりだったんです。

 

そして弟も同じように怒られていた。

 

弟と比べて怒られなかったのは

部屋のキレイさだったんです。

「あんたの部屋はいっつも汚い!」と怒られていた弟。

そんな弟と比べて自分はできている。

 

綺麗にしていれば怒られない、

褒めてもらえるんじゃないかって思いが

私が小さい頃からお片づけができていた理由なんだと気づきました。

 

 

でも、その思考は当たり前になっていて

妻になっても、母になっても

良い妻、良い母に見られるように、ちゃんとしなきゃいけないと思っていたんです。

 

 

こどもの頃はとっても苦しかったし

少し悲しい出来事のようですが、

母の言葉がけは今となっては

立派な大人に育って欲しいという愛情表現だったんだと思えるようになりました!

 

 

そして、お片づけができる、お片づけが好きという小さい頃からの経験は今こうして活かされています!

 

私も思考のくせに気づいたことで

ただ単に誰かに褒めてもらう片付けから

より自分らしく、心地よく、輝く私になるためのお片づけへとシフトしていくことができました。

 

お片づけができないと思っているあなたも、そう思う思考のクセがありませんか?

 

自分を生きるための土台となる、

自分を深く知ることは本当に大切なことです。

 

そのためにも

ただモノを捨てるのではなく

モノに張り付いた自分の「思い」に向き合うことがとっても大事なんです。

 

最初は時間がかかるかもしれません、

でも少しずつ出来ることからやっていくと

自分の基準や軸が見えてくるので

だんだんとスピードアップしてお片づけできるようになりますよ!

 

 

 

心とからだをホッと癒す米ぬかカイロをminneにて販売中です。
家事や子育てで時間がないときこそ
5分でもホッとできる
自分の時間をもってくださいね!
大変なときこそ自分を大切に^ ^
nukumori販売ページ
https://minne.com/@nukumori-19
自分や家族のからだを大切にしながら過ごすために!東洋医学のお話会
鍼灸の先生をお呼びして勉強会を自宅(広島県東広島市)にて開催しています。
大好評!2回目の開催決定!
6/12(水)10:00〜  満席
「女性の心とからだについて」

お片づけサービスはこちらから

オンラインお片づけアドバイス

オンラインお片づけサポート

自宅訪問お片づけサポート

お片づけしたいけど
どこから手をつけて良いかわからない
片づけるきっかけが欲しい
自分1人で片づけるのは難しい方は
気軽にこちらからメッセージお待ちしております。
   ↓ ↓ 

友だち追加