無駄なことなんてひとつもない

今朝は早起きをして朝日を浴びると

お掃除スイッチが入ったのか

朝から庭の手入れをして

玄関の外を水で流し

玄関の床ふきをして

リビングの床も水拭きしました。

そんな今日は、

幼稚園のこどもの送迎で次から次へと友達に話しかけられて、たくさんお話をしました!

声をかけてくれてありがとう♩

たくさん話して時間ギリギリに無有無へ!

東広島市志和町でむささび農園をされている北原さんご夫婦の座談会でした。

北原家の5人目のお子さんの十希ちゃんのお話。

3歳の長女と同級生の十希ちゃん。

心臓に穴があいて産まれ、今年の2月、3歳目前に亡くなりました。

十希ちゃんという命が与えてくれたものについてお話してくれました。

入退院を繰り返しながらも何度か会う機会があった十希ちゃん、その時々でたくさん考えさせられたように思います。

十希ちゃんの生から死へと向き合うお話が素晴らしくお話の中で何度も『幸せ』『愛』というキーワードが出ていました。

ご家族が経験したことは、子供を亡くすという悲しい出来事だったけども、けっして暗いものではなく、そこは温かさと幸せで満ちていたと…

最後に無有無の奥さんが十希ちゃんからメッセージを受け取っていました。

十希ちゃんはただ、家族であったかい時間を過ごすことをやりきるためにこの世にやってきたそうです。

夫妻のお話、そしてメッセージを聞いて、すべて十希ちゃんが仕組んだストーリーだったんだと繋がりました。

今日のこの空間も!

家族と幸せな空間で愛されて囲まれて看取られて、十希ちゃんは本当に幸せな時間を過ごしたことがお話を通して伝わってきました。

お話会中、何度も何度も涙があふれました。

十希ちゃんや、北原夫妻の愛への涙もありましたが、一番は今目の前にある家族の存在に感謝と愛の涙でした。

生きるということが当たり前ではなく奇跡だということ。

この世の中に肉体をもって生まれた意味を私も感じ、考え、味わい尽くして

もっともっと楽しもうと思ったのです。

お話会中に4人目の自宅出産でお世話になった竹原市のつぼみ助産院のクラウドファンディング達成の報告も♩

おめでとうございます!

自分のことのように本当に嬉しい^ ^

夜は大好きな方からメッセージ♩

明日はからだをほぐしに行ってきます^ ^

はぁ〜、嬉しい!!

今日は朝からからだも心も家も洗い流されるような1日で、たくさん与えられれていることに気づいて嬉しくて興奮しながらも、眠たくてウトウトするんですがどうしても今日のことを書きたくて

まとまりのない文章だけど…

すべてのことに無駄はひとつもなくて

すべてが与えられている。

今日という1日に感謝。

すべてにありがとう!

お片づけサービスはこちらから

オンラインお片づけアドバイス

オンラインお片づけサポート

自宅訪問お片づけサポート

お片づけしたいけど
どこから手をつけて良いかわからない
片づけるきっかけが欲しい
自分1人で片づけるのは難しい方は
気軽にこちらからメッセージお待ちしております。
   ↓ ↓ 

友だち追加